SちゃんのPhiPhi島愉快な旅   

          


      思い出多き楽園 PhiPhi島

船着き場朝、ピピ島に同行した女( Aye)のあまりにもワガママさに『ぶち切れて・・・』プーケットに追い帰してしまった。1年以上付き合った?女だ。今年に入ってからだんだんと態度が悪くなって来ていた・・・日本語もめちゃくちゃ上手くなった。・・・その影に金持ちの日本人が多数見え隠れしている・・・ケチな貧乏人の言うことは聞けないらしい、タイの女にあまり深入りする物ではない。金を貢ぐこともなくこの辺で終わりにするのも良いかもしれない。 1年間半近くガイドとして楽しませてくれた。彼女のおかげで安くピピ島まで来ることが出来た。・・・・しかし喧嘩別れとは後味が悪い。

小生も Aye以外の女といろいろ遊んでいたし・・・自業自得か。

同行した御夫婦?にその事を伝えると、大笑いされてしまった。

奥さん?は陽気な、遣り手おばさん。(小生がおばさんと言うと怒る)

遣り手おばさん、小生のことを思いビーチのポン引き親父?に理由を説明し、ピピ島に女がいないか聞いてくれている。(大きなお世話) ポン引き親父大笑い・・・馬鹿にしている。ポン引き親父「ちょっと待ってろ」と居なくなり待つこと10分・・・・「女はまだ寝ているので夜でなきゃだめだ。」との事。 ・・・しかしポン引き親父どこへ行ってきたのか・・・・ピピ島にもその手の店があるのか・・・さすが南の楽園。

ホテルの窓から昼飯に入った小さなラーメン屋のおばさんにも、遣り手おばさんは聞いてくれている。・・・・ラーメン屋のおばさんは、小生を哀れそうに見つめている・・・遣り手おばさん、何を話したのか?。

その後、ラーメン屋の前を通るたび、おばさんは笑顔で手を振ってくれた。

ほとんどの日本人は健全な目的(ダイビング)でピピ島に訪れて居るであろうに・・・風紀を乱す日本人。

一応小生も昼間は健康的にダイビング?・・・ピピ島の海は魚が豊富で本当に綺麗だ。

夕刻、「私に任せろ。」と遣り手おばさん、アロハシャツに短パン姿、足には革靴そして手には傘を持ち、狭い路地裏を先頭で歩き出した・・・・その姿どう見ても遣り手ババア。(ナイショ)

『タイガーバー』なるお店・・・・ディスコだ。開店までにはまだ早い。近くのバービヤで一杯引っかけることに・・・日本人は全く居ない・・・猥談に大いに盛り上がる。・・・日本ではひそひそ話をここでは大声で大丈夫だ。誰もワイセツな話をしているとは思わないであろう。(最低の日本人)

ディスコタイガーバーの開店と同時に入店。土木作業員風の親父4〜5名が端の方に座りビールを飲みながら飯を食べている。片隅で女の子2名が化粧をしている。本日は3名しか女の子はいないらしい。

3名の女の子を呼び寄せて席に座らせウィスキーを飲みながら、またまた猥談に盛り上がる。

遣り手おばさん猥談が大好き・・・。

1人は小柄なインド人風?、1人はその辺のお姉ちゃん(顔に多少メスを入れた方がいいと思う)、1人はあか抜けしない田舎娘。・・・・「これは本日パスだな・・・。」

遣り手おばさん、「田舎娘は絶対良い子だから連れて帰れ。」と小生に勧める。・・・どう見ても田舎娘・・・ベットではマグロ状態が想像できる。

遣り手おばさんの強い勧めに田舎娘を連れ出すことに。

田舎娘、荷物を取りに奥へ・・・田舎臭いワンピース上に、なんとダブダブの青いジャージーを羽織って出てきた。その姿は路上でタバコをバラ売りしている行商人。・・・本当に田舎者。・・・3日前にウボンラチャタニーから出てきたばかりとのこと。・・・・一晩 1500B破格の安さ。

近所で食事をする事に・・・田舎娘、お腹がすいていたのか皿一杯のご飯を綺麗に平らげた。・・・ここでも猥談で大いに盛り上がる・・・客のファラン、「何がそんなに楽しいのか?」と言わんばかりに、こちらを見ていた。

ホテルへの帰り道、露天商で、遣り手おばさん田舎娘の服装に見兼ねたのか、服を見繕ってあげている

・・・・「ムッムッ 俺が払うの?。」・・・・2着で 1000B・・・大変な出費?。

タトウー?田舎娘、新しい服に着替えると幾分ましになった。・・・・化粧の仕方を勉強すればもっと良くなるであろう。

ピピホテル最上階の大きなバルコニーの付いた結構ゴージャスな部屋に2人きり・・・さて田舎娘をどう料理するか?・・・小生先にシャワーを浴びベットで横になってビールを飲んでいると、シャワーを浴びバスタオルを体に巻き付けた田舎娘が恥ずかしそうに小生に寄り添うようにベットに入ってきた。バスタオルを優しく剥ぎ取り体の品定め・・・電気をこうこうと付けたままだ、恥ずかしそうだが嫌がる様子なし・・・パイオツはペチャ・・・へその下に薔薇の刺青?(シール?)・・・プロポーションはまあまあ・・・味は・・・ マグロかと思いきや・・・名前の通りコイの滝登り(名前はコゥイ)・・・1回戦終了後も小生の一物から手を離さない・・・生Fを要求したところ初めは嫌がっていたが次第に大胆に・・・小生も指責めで応戦(OもAも)・・・2回戦突入・・・Aに挿入しようとしたが先っぽを入れたところでNG・・・Aは未遂に終わる。しかしAV真っ青の大バトル・・・大興奮に息も絶え絶え。

シャワーを浴びベットに入るやいなや速効完璧な熟睡モード。

早朝、快適な目覚めだ。本日の天気を見ようとカーテンを開けると晴天。窓を開けると心地よい風が吹き込んでくる・・・田舎娘はまだ寝ている・・・彼女のシーツに潜り込むと・・・田舎娘、嫌がることなく要求に答えるように体をまさぐってくる・・・朝日を浴びながら、まるで大自然の中でやっているような感覚・・・組んずほぐれつ朝の一発。・・・爽快そして快感。

  『 田舎娘 = 年齢:21歳 ,名前:コゥイ ,性格:大人しいがベットでは淫乱 』

オネーチャン2000Bもの多額のチップを田舎娘に上げたところビックリした顔をして大喜び、買って上げた洋服を大事そうに持って、またまたジャージーを羽織(かなりお気に入りか)、小生に向かって丁寧にワイをし帰っていった。・・・もう会う事がないであろうに、情が移り多額のチップを出してしまう典型的な日本人・・・良いのか悪いのか?・・・しかし名器であった・・・パイオツがもう少し大きければバンコックまで連れて行ったであろう。  

 (1500B+1000B+2000B 高い物に付いた・・・まっ良いか)

プーケットに向かう船の中で遣り手おばさんに「3回やったでしょう」と聞かれ、小生思わずニンマリ思い出し笑い。

・・・・・小生にとってピピ島は思いで多き楽園となった。

 

    THE END


  悪魔のささやき天使のため息     先頭に戻る