'02.07.08
 

                   

           シンガポール/セントーサ島
   

  バンコク(クルンテープ)は、タイ語で「天使の都」、シンガポールはサンスクリット語で「獅子の都」を意味する。また、シンガポールのセントーサ島は植民地時代全島が軍事基地だったが、独立後レジャー・アイランドとして観光開発し、マレー語で「平和と静けさ」を意味するセントーサと名前を付け、一大テーマパークとして生まれ変わった。

  島と飛行船 ケーブルカー ケーブルカーより海を見下ろす ケーブルカーより島を見下ろす 連絡船 

 東西4Km、南北1.6Kmの島への行き方は、ケーブルカー、フェリー、道路を使ってバスや車を利用して渡ることが出来る。島は4つのエリアに分かれていてそれぞれに博物館やアミューズメント施設があり、モノレールやバスが連絡している。
 一般に知られていて有名なのは島の真ん中に立つマーライオン・タワー。高さは37mあり、頭部は展望台になっていて目が緑色に輝いている。最も人気があるのが海底水族館アンダーウオーター・ワールドだ。ガラス張りの水中トンネルから鮫やエイ等の大型魚や魚、各種の海洋生物の生態を眺めることが出来る。

   イルカの餌付け イルカのショー イルカとの触れ合い タツノオトシゴ 熱帯魚

 ドルフィン・ラグーンではピンクイルカ達の餌付けやショー。直接ピンクイルカに触れて写真を撮ることが出来た。この島にはゴルフ場、リゾートホテル、ビーチ、滑り台や流れるプールを配したウオーター・テーマパーク、蝶や昆虫・海洋博物館、戦争時の様子を残す要塞跡シロソ砦、蝋人形で再現された歴史的瞬間イメージ・オブ・シンガポール等々があり、子供から大人まで一日中遊べとても短時間で総てを廻り尽くすことが出来ない。

  龍 水路 旅人の木 噴水 歩道

 貧乏人がマイレージの無料航空券のビジネスクラスを使って旅行した感想は、世の中にはお金持ちが沢山いて、小学校にも上がっていないような子供が、ビジネスクラスのシートを独占している。数十回目の海外旅行で初めてビジネスクラスに乗ったというのに.....
 長時間のフライトならばビジネスクラスに限る。ホテルのグレードを落としてもホテルのサービスは代わらない。部屋の大きさや眺めなど殆ど部屋に居なくて寝るだけだから気にならない。ところが飛行機のエコノミークラスとビジネスクラスではサービスが全然違う。シートの大きさや寝心地は雲泥の差。いびきを掻かないくらい熟睡できる。

  歴史館 ホテル 船着き場 オーキット・ガーデン フェリー・ターミナル

 海外旅行するなら、ホテルはカジュアル低予算ホテルを予約し、飛行機はビジネスクラスにしよう。でも...ビジネスクラスはチョット高いか。


  マーライオン・タワー マーライオン・タワー マーライオン・タワー マーライオン・タワー マーライオン・タワー




悪魔のささやき天使のため息ぺーじの先頭に戻る           タイランドは"天使の都"